バイトの面接で良く聞かれる事は?大事なポイントを押さえよう!

バイト 聞く 女性

「志望動機は何ですか?」「何が出来ますか?」等など、面接ではたくさんの質問を受けることでしょう。どんな対策をすれば良いのかと悩むことが多いと思います。

面接の機会は、一期一会。以下を参考にして、十分に事前準備をして、成功をつかみ取って下さい。

 

アルバイトの面接はなぜ色々聞かれるのか?

数多くの会社あるいはお店の中で、あなたはなぜこの仕事を選んだのか。あなたの熱意や覚悟を面接官は見ているのです。

なぜこの会社、あるいはこのお店で働きたいのか?なぜこの仕事をしたいのか?あなたの熱意と覚悟をしっかりと伝えましょう。

 

自己紹介・人となりを聞く質問

 

  あなたはどんな人ですか?

「自己紹介をして下さい」この質問をされる場合が非常に多いです。

「能力・性格(何が出来るか)」と「志向(何をやりたいのか)」が仕事内容に合っているのかを見られています。

「あなたの性格をひとことで言うと何ですか?」等と聞かれる場合もあります。

あなたが自身の性格をどの様に分析、そして認識しているのかを質問されています。

採用側が最も重要視しているのは、「人柄」です。

普段から自己分析をして、質問に答えられる様に準備しておきましょう。

 

  他のアルバイト経験は?

あなたのアルバイトの経験を並べて話すだけでは評価にはつながりません。

アルバイトの経験から何を学んだのか?何を得たのか?それらが今回の仕事にどの様に生かされるのかを自身の言葉でしっかりと説明しましょう。

 

今迄頑張ってきたことは?

サークル・部活動について話すのも良いのですが、ただ話しただけでは評価はされません。

れらを通じて、何を学んで、大変な状況をどの様に乗り越えて来たのかを見られています。

体的なエピソードを交えて話せれば相手に伝わりやすく、効果的でしょう。

 

前のアルバイトを辞めた理由は?

前職と同じ理由で辞めないか、責任を持って仕事に取り組めるのかを確認するための質問で

す。

採用側にとっても、時間とお金をかけて採用したのに、すぐに辞められると、大きな損失になってしまいます。

 

 特技や趣味は?

単にあなたの特技の内容を話すのではなく、特技にどの様に取り組んできたのか?

そこから何を学んだのか?学んだことを仕事にどの様に生かせるのかを答えられる様にしましょう。

 

志望動機

 

  なぜ弊社を志望したのか?

「自分がその企業に合っていること」や「成果をあげることができる」ことをアピールしまし

ょう。

数多くの企業あるいはお店の中からその仕事を選んだ理由を「自分のどの様な強みをどの様に生かしたい」とか「経験を生かしてやりがいを持って働きたい」等と感じたことを伝えられる様に準備をしておきましょう。

 

  具体的にどの様な仕事をしたいのか?それはなぜか?

意欲や人間性を知るため、そして実際の仕事内容と応募者の考えている仕事内容にミスマッチ

がないかどうかの確認のための質問です。

ミスマッチが大きいと、早期に辞めてしまう可能性も採用側は考えています。時間とお金をかけて採用したのに、すぐに辞められるのは採用側にとっては避けたい事態です。

 

自己PR

 

長所をどの様に仕事に生かせるのか?

採用側は、活躍出来る人材かどうか、雰囲気になじめる人材かどうかを見ています。この質問

をされたら、あなたをアピールするための絶好のチャンスです。結論である具体的な長所を最

初に伝えて、なぜそれがあなたの長所なのかについての説明をその後に加える方が、聞き手に

とっては分かりやすいので、最初に結論を伝えることが望ましいでしょう。根拠も含めてエピ

ソードも合わせて話せると、相手には伝わりやすく、効果的です。

短所をどの様に克服する努力をしているか?

「弱み・弱点を教えて下さい」と質問される場合もありますが、この類の質問をされた場合、

正直に言うべきなのか、非常に迷うことでしょう。

採用側は、応募者が、自己分析が出来る人材なのか、その短所を補うために努力をしているのか、自身の欠点を話すことが出来る素直さを持っているのかを見ています。

仕事をしていると思いがけず注意をされて嫌な思いをすることもあります。そんな時に、謙虚に注意を受け入れて成長することが出来るのか、あるいは傲慢で注意を受け入れることが出来ずに拒絶する人材なのかを見ています。

採用側が最重要視しているのは「人柄」です。人格の良さが試されています。

 

  最も苦労した経験と、それをどの様に解決したのか?

辛い状況が発生しても乗り越えていける、精神的な強さや忍耐力、そして問題解決能力や克服

する能力を見られています。

いかなる仕事でも、困難な壁にぶち当たることを避けて通ることは出来ません。

困難に立ち向かわずに避けて通る人と、困難に立ち向かい苦労しながら学び解決して乗り越えてきた人とでは、後の仕事の結果に大きな差が開くでしょう。

困難な状況をどの様に乗り越えてきたのかを具体的に伝えられる様に準備をしておきましょう。

 

まとめ

採用側の質問には必ず理由があります。履歴書等の書類のみでは知ることの出来ない、人物の人となりを知るためです。

この仕事に適任なのか、必要な人材なのか、人物像をなんとかして明確にしようとして多くの質問をするのです。「一般常識を持っているのか」「柔軟な対応が可能なのか」「意見をきちんと持っていて話すことが出来るのか」等、人柄を知るための質問が多いでしょう。

採用側が、どの様な人材を必要としているのか、相手のニーズを調べた上で、自身のセールスポイントをアピールしましょう。