バイトを1ヶ月でやめたいけど辞めると言えない時の対処法まとめ!

バイト 辞める 苦悩 言えない

さまざまな理由から、バイトをやめたいと悩む人は多くいます。ですがバイトだからといって、やめたいときに簡単に辞めるのは難しい出すよね。

働き始めて一ヶ月でやめたいと思っても、簡単に辞めると言えない人もたくさんいらっしゃると思います。

今回はやめるまでのプロセスから対象方まで詳しくご紹介します!

今自分に必要な部分を見てみましょう!

バイトを辞めると言えない理由を整理しよう

バイトをやめると言えない理由は、人それぞれです。まずは言えない理由は何なのかを考えてみましょう。

 

やめると言えない理由は、自分の気持ちにあるケースもあれば、バイト先の環境が原因のこともあります。それぞれのケースによって対処法は異なるので、何でバイトを辞めると言えないのかは、整理しておきたい重要なポイントです。

 

バイトを辞めたいと言えないには、原因が必ずあります。しっかりと自分の気持ちやバイト先の環境を見つめ直して、言えない理由を考えましょう。

 

辞めると言えないときの対処法

バイトを辞めると言えない理由は、主に2つのパターンがあります。

 

1つめは、自分の気持ちに踏ん切りがつかないケースです。2つめは、バイト先に問題があるケースになります。

 

それぞれのケースによって、バイトを辞めると言えないときの対処方法が違います。それぞれ具体的にどんな理由があげられるのか、その対処法とともに見ていきましょう。

 

仲間へのしわ寄せが不安な場合

バイト仲間の負担を想像して、辞めると言えない人は多いです。自分のなかで、仲間に申し訳なさを感じて、言えない人もいますよね。

 

この場合に考えたいのは、辞めることだけが、必ずしも周りに迷惑をかけることではないということです。

 

例えば我慢を続けて、体調不良になれば、バイトを休みがちになります。結果的に誰かがフォローするので、迷惑だと感じる度合いは、辞めた場合とさほど変わらないでしょう。

 

確かに、人が辞めた分、他の人がカバーをしなければいけないのは事実です。人手不足のバイト先だと、大きな負担になることもあります。

 

しかし常識的なバイト先であれば、バイト側も人手不足をいつまでも放置はしません。手が空いている店舗に短期間の応援を頼んだり、求人を出すなど、新たなバイトを雇おうとします。

 

仲間と円満に終わりたいと考えるのであれば、誰もが納得する理由でやめることをオススメします。

 

自分のなかで、バイトを辞める=悪者と決めつけてはいけません。

 

 

後任がいない場合

引継ぎ相手がいないため、辞めたいと言えない人もいます。このケースは自分のなかで、無責任なことはしたくない、でも辞めたいと葛藤している人が多いです。

 

次の新人が入ってくるのを待つということも対処方法ですが、それではいつ辞められるのか分かりません。さらに新人が入ったとしても、自分が教育係になるかは、分からない人もいますよね。

 

なので、引継ぎ相手がいないから言えないと悩むよりは、まずは上司や店長に相談しましょう。

 

誰がどの業務を担当するかは、リーダーなど上に立つ人が決めることです。もっと言えば、後任がいないなどのバイト先の人手不足は、バイト側が解決するべき問題です。

 

バイトを辞めたいことを伝えて、誰に引き継ぎをするか、確認しましょう。

 

人間関係が原因の場合

雇用期間が定められていない場合は、辞める日の2週間前に申告すれば、辞められるという法律があります。

 

なので「店長と相性が悪いから、辞めると言っても嫌がらせされるだけ」と、諦めなくても良いのです。またバイト先がブラックだから言えない場合は、きちんと相談にのってくれる専門機関があるので、活用しましょう。

 

このようなケースでは、バイト先やその店長、上司に問題があると考えられます。学生のバイトであっても、主張するべき権利があるので、親や専門機関への相談をオススメします。

 

言いだしやすいバイトを辞める理由とは?

バイトを辞めると言えない人のなかには、理由漠然としていて、引き留めを断れるか不安になって言えない人も多いです。

 

引き留めとは「時給をアップするよ」「シフトを軽くするよ」と言って、辞めさせないよう誘導することを言います。なかには「そんな理由で辞めるなら、新しいバイトを連れてこい!」と、脅しのような引き留めをされることもあり、トラブルになるケースもあります。

 

そのような強引な引き留めではなく軽いものでも、必要とされていると嬉しい反面、せっかく辞めると言えたからには、気持ちが変わるような誘いは最初から避けたいところです。

 

実はバイトを辞める理由のなかには、引き留めにあいにくいものがあります。その理由を3つ紹介しますので、バイトを辞める理由に悩んだときの参考にしてください。

 

家庭の事情

やむを得ない事情でバイトを辞めるときは、引き留めに合う確率は低いです。さらにバイト仲間との関係を崩さず、やめることができます。

 

例えば「引越し」「身内の介護」「自身の怪我」などは、バイトを続けるのが厳しいと判断されやすい理由です。実際にそのような事情でバイトを辞める人も多く、自然な理由になります。

 

ただし嘘を言うと、バレたときに「そうまでして辞めたかったのか!」と、バイト先からの印象が悪くなるので注意しましょう。

 

物理的に無理であることや緊急性がある理由は、やむを得ない事情と判断されやすく、引き留めにも合いにくいです。

 

根拠を提示する

自分にとっては大問題だけど、バイト先にとっては解決できそうと思われて引き留めに合うことが多くあります。

 

「精神的に疲れて辞めたい」「勉強のために辞めたい」と言われると、バイト側はシフトを減らせば負担は減ると考える可能性は高いですよね。なので自分が抱えている問題が大きいことを、バイト先と共有することをオススメします。

 

「通っている病院の先生から、バイトを休めと言われた」「教授から留年する可能性が高いと注意された」など、時には診断書や成績表を見せて、問題が深刻である根拠をアピールしましょう。

 

誰が見ても、バイトを辞めることが一番の解決策であるという理由を伝えることが大切です。

 

やりたいことがあるから

引き留めに合っても揺らがない意思があることを、理由として伝えるのもオススメです。

 

「留学するめどがたったので、語学の勉強に力を入れ始めたい」「就職活動に集中したい」「ステップアップのために、〇〇の資格を取る勉強がしたい」など、バイトを辞めることで前向きな未来を描けることを、しっかりと伝えます。

 

次にやることを伝えて、引き留めてもムダであることをバイト側に強調しましょう。

 

辞めると言えないならバックレるのはアリ?

バイトを辞めると言えずに、音信不通になる人もいますが、バックレはオススメできません。雇用契約違反で、罰金をとられる可能性や訴えられる可能性があるからです。

 

しかし、バイト先がブラックバイトで怖いから、バックレたいという人もいますよね。そのような人は、まずは労働基準監督署やハローワークなどに相談しましょう。

 

雇用期間内でも、バイト側から脅されて辞められない場合は、やむを得ない事情として退職を認められる可能性があります。

 

仮に友達や先輩から「バイトならバックレても大丈夫だよ!」と経験談を聞かされても、バックレを許すバイト先ばかりではありません。

 

バイトを辞めると言えないからは、バックレて良い理由にはならないので注意しましょう。

バイトなら1ヶ月でもやめたいと言えるの?

バイトであっても、やめたい日の2週間前に、退職したい旨を伝えればやめることができると法律で定められています。

 

ですが、この法律は雇用契約書に期間が定められていないことが前提です。つまり雇用契約書に「退職したい場合は、1ヶ月前に申し出ること」「雇用期間は最低3ヶ月」と決められている場合は、基本的にバイトを1ヶ月でやめることはできません。

 

つまりバイトを1ヶ月でやめられるかは、バイトを始める前にかわした雇用契約によるということです。また勤続年数に関わらず、バイト先と自分、双方の合意があってやめるのが一般的になります。

 

1ヶ月でバイトをやめたいと思ったら知っておくべき3つのこと

「バイト先と揉めるのが嫌だし」と、ギリギリまでバイトをやめたいと言わない人もいますよね。なかには1ヶ月しか働いていないから、簡単にやめれるだろうと考えている人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、1ヶ月の新人バイトだからといって、すんなり退職はできません。採用にコストもかかっていますし、なにより雇用期間が決まっているケースもあるからです。

 

ではバイトをやめたいと思ったら、どうしたらよいのでしょうか。事前に確認しておきたい3つのことをまとめたので、参考にしてください。

 

契約書を確認する

まずは一番重要なのは、雇用契約書を確認することです。

 

雇用期間が決まっていない場合、やめたい日の2週間前に申告すれば、バイトをやめることができます。これは法律で定められているので、バイト先から理不尽な理由をつけられても、心配はいりません。

 

一方で雇用期間が「最低3ヶ月」などと決められている場合は、1ヶ月ではバイトをやめられない可能性は高いです。ただし、やむを得ない事情があるケースは例外となります。家族の介護が必要になったり、給料未払いなど会社側に問題があるケースです。

 

そのような理由はないけれど、どうしても1ヶ月でやめたい時は、必ずバイト先と合意の上で退職しましょう。「私はきちんと許可を取ってやめたつもりだった」というやめかたは、トラブルのもとになります。

 

トラブルがあった際に無断欠勤による損害や雇用契約違反として、訴えられることも考えられるので、まずは雇用契約書の確認とバイト先との合意が必要です。

 

伝える人を確認する

雇用契約書の後は、やめることを誰に言うのかを確認します。基本は上司や店長といった、責任者であることがほとんどです。

 

「バイトの先輩にやめますと伝えたから大丈夫!」と、勘違いしないように気をつけましょう。

 

バイト先によっては、店長からオーナーへ伝える規則があるなど、退職の手続きまでに時間がかかることがあります。「その間は働いてね」と言われ、ずるずると何ヶ月も働かなければいけない可能性もあるので、注意してください。

 

やめることを伝える人は誰なのか、退職の合意がとれるまでにはどれくらいの時間がかかるのか、きちんと確認しておきましょう。

 

やめたい理由を考えておく

やめることを伝えると、理由を聞かれるのが一般的です。さらに1ヶ月しかバイトをしていないと、「もう少しやってみれば慣れるよ」など、引き留めにあうことも考えられます。

 

そこで、やめたい理由をしっかりと準備しておきましょう。スムーズにやめるには、「それなら仕方ないね」と思われるような理由が必要です。

 

例えば、家族の介護が必要になった、ゼミ長に選ばれて教授の手伝う時間が多くなってしまったなどがあげられます。

 

バイト先も、求人広告費などコストをかけて採用をおこなっています。「だるいから」などの理由だけでは、スムーズにやめられない可能性が高いです。

 

バイトをやめるときの注意点

バイトを1ヶ月でやめるのは、一般的に歓迎されることではありません。ですがバイトをやめるときは、円満に終わりたいですよね。

 

仲が良い人はいない場合もありますが、短い期間にも、仕事を教えてくれた先輩や気遣ってくれた人がいるはずです。

 

そこで、バイトをやめるときの注意点をまとめました。バイト1ヶ月でも、良い印象を残して退職できるための、最低限のマナーになります。バイトをやめると決意したら、確認しておくと安心です。

 

伝える人を間違わない

決まってもいないのに、「何月末にはやめるんだ!」と言いふらすのは、オススメできません。やめることが噂となって、上司や店長に伝わってしまうと、勘違いをされる原因になります。

 

お世話になった先輩や同僚に一番に言いたい気持ちは分かりますが、一番最初にやめたいことを伝えるのは、上司や店長など雇用に関して責任がある人です。

 

きちんと、上司や店長とやめる段取りを決めた上で、他の人へ報告をするのが一般的な手順になります。

 

バイト仲間のなかには、やめたいというだけで、冷たい態度を取る人もいるでしょう。そのようなトラブルを避けるためにも、決定事項ではないことを、他の人に話すのは控えるべきです。

 

理由と感謝を伝える

最終日が近づいてきたら、お世話になった人や関わった人にお礼をしましょう。お金をかけなくても、「お世話になりました」と言って回るだけで、最後の印象は良くなります。

 

一言、やめる理由も言っておくと誤解を招く心配があません。

 

特に教育係をしてくれていた先輩などは、「自分の態度が冷たかったのかな」「厳しく指導しすぎたのかな」と悩んでしまう人もいます。

 

事細かに説明するよりは、「家庭の事情で」「学校の事情で」など、軽く理由を伝えると、納得してくれる人は多いです。

 

1ヶ月のバイトであっても、最後はしっかりと挨拶をしてやめるのは、社会人としての常識でもあります。

 

返却するものを用意しておく

制服はクリーニングしてから返すことが多いので、最終日に返却するのは難しいですが、それ以外に返せるものは返しておきましょう。

 

確認するのを忘れて、あれもこれもと、何度もやめたバイト先に行くのは気が引けますよね。やめる際は何を返却するのか、書く書類などはあるのか、確認しておくと安心です。

 

遠方への引越しが決まっている人は、後日、郵送になることを言っておくと良いでしょう。

 

バイトを1ヶ月でやめると次のバイトに影響はある?

バイトを1ヶ月でやめたいときに気になるのは、次のバイトの合否に影響はあるのかということではないでしょうか。

 

世間一般的に、1ヶ月でバイトをやめるのは褒められた行為ではありません。それだけで、忍耐力がないと判断する採用担当もいます。

 

さらに次のバイトの面接時には、「なぜ1ヶ月でやめてしまったのか」を問われることが多いです。バイトに飽きたからやめたという場合、正直に理由を言うと、採用されるのは難しいでしょう。

 

逆にやむを得ない事情だったり、スキルアップのためなど、ポジティブな理由であれば歓迎されることも多いです。

 

バイトを1ヶ月でやめたことが、次のバイトの採用の障害となるかは、自分次第と言えるでしょう。

 

まとめ

石の上にも三年という言葉があるように、すぐに諦めることを良しとしない風潮があります。なので「バイトを1ヶ月でやめたい」と言うと、周りから反対されることも多いです。

 

しかし、実際にバイトを1ヶ月でやめることはできます。雇用契約書の確認やバイト先との合意が必要ですが、まったく不可能という訳ではありません。

 

さらに、やめるときの態度や行動がしっかりとしていれば、円満にバイトをやめることができます。

 

1ヶ月の新人バイトであっても、「また遊びにくらいは来てよね!」と背中を押されて、やめたいものですよね。バイトを1ヶ月でやめたいと感じたときにどうすればいいのか、この記事を参考にしててみてください。